スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベシアナちゃんからビデオメッセージが届きました

1998年3月25日、1歳9か月の時にコソボ紛争で砲撃により大やけどを負った少女、
ベシアナ・ムスリュウちゃん。2000年から11年間かけて日本で手術を続けたベシアナ
ちゃんは、昨年8月21日に15回目となる最後の手術を無事に終え、9月28日にコソボ
に帰国しました。
そのベシアナちゃんがコソボに帰る前に、今まで支援をしてくださった方々に向けて
ビデオメッセージを残してくれました。ぜひ、ご覧ください。



スポンサーサイト

ベシアナちゃんからのメッセージ

本人が書いたものです。
解読できますかー??

あたし も かいぇる ひ きめました 。
コソボ かいぇる まえ にほん の みな あたし てくる りょぃ たべに きて くださ。28にち てえい きて ください。 

帰国の日が近づいています・・・

ベシアナちゃんの帰国日が29日(木)になりました。3歳のときに治療を始めてから11年。
6回来日し、15回の手術を受けました。みなさんの支えで大きな手術は一通り終えることができました。

帰国の前日、28日(水)19時よりADRA Japanの事務所のある原宿クリスチャンセンターにてベシアナの送別会をおこないます。
ベシアナちゃんが今までの感謝をこめて、軽食を用意する予定です。参加費等は不要です。
ベシアナちゃんを支援してくださったみなさん、また、初めて知ったけどあってみたいというみなさん、ぜひいらしてください。

なお、ベシアナは既にコソボに持って帰れないのではないかと思うほどの荷物になっています。ベシアナへのプレゼントはご遠慮いただければ幸いです。

ベシアナ抜糸終了

本日、15回目の手術時の抜糸が終わりました~。
2度も延期になった抜糸が今日ついに終えることができ、一安心です。

抜糸時、ベシアナちゃんは少し痛かったようですが、最後までがんばりました。
ベシアナちゃんは、今までお世話になった病院の先生や看護婦さんにお礼のスピーチを行ない、
もうしばらく会えないかもしれない…と、前日にがんばって作ったお手製名刺を配っていました。
ベシアナちゃん、連絡くるといいね。

最近のベシアナは、ADRAスタッフのおうちにお泊りに行って庭の草むしりを手伝ったり、
コソボの大使館に行ったり充実した日々を送っています。

本日は茨城県北浦の中学校に今までの報告に行きました。同年代のお友達と会えるのを
楽しみに、名刺をさらに印刷して出発しました。数日北浦で過ごして帰ってきますが、
週末お土産話をたくさん持ってきて元気に帰ってくると思います。

ベシアナちゃんの日本滞在も残り少しとなりました。
最後に、ベシアナちゃんに会いたい方は、ぜひADRA事務所へお越し下さい。
いつでもお待ちしております。

耳!

昨日、ベシアナちゃんがADRAの事務所に来ると、うれしそうにデジカメの画像をスタッフたちに見せました。
前の夜、お風呂に入るときに、包帯を取ったので、手術して形成された右耳を写していたのです。

まだ少し腫れがあるので、少し大きいのですが
「なんか、おっきいよね~?」とかいいつつも、とても嬉しそうです。

その後は、テープでとまりきらないガーゼが落ちてきそうなのを防ぐために色々と試していました。

ふと見ると、、、防災用のヘルメット。。。

2011.9


考えることが奇想天外です。

早くガーゼが取れるといいですね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。