スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベシアナちゃん再来日計画!

12年前の紛争がコソボの少女の心と顔に残した深い傷 ~彼女を傷を癒すために~





ベシアナ・ムスリュウちゃん(現在13歳)は、コソボ紛争中(当時1歳9か月)に自宅がセルビア軍の砲撃を受け炎上しました。

ベシアナちゃんは2階で寝ており、燃え上がるベッドに横たわったまま泣いていました。

父親は炎上している自宅に飛び込み、命懸けで救出しました。

しかし、ベシアナちゃんは頭部と顔面右側にケロイド状のヤケド痕が広がり、右頭部の毛髪を失い、右耳も半分以上形を失うほどの大ヤケドを負いました。

両親が手を尽くしましたが、当時のコソボでは彼女の治療は不可能だということがわかりました。


当時、コソボの支援活動に携わっていた日本人有志がこれを知り 『ベシアナちゃんを助ける会』を設立しました。

ベシアナちゃんは2000年より繰り返し来日して手術・治療を続けていますが、未だに完治せず引き続きの手術・治療が必要です。


2010年夏!
最後の手術のために、来日予定(第6回目)です。


【第5回目までの治療】
正常な頭皮の下に組織拡張器を入れ、生理食塩水を注入して伸ばした頭皮でケロイドの部分を覆いました。
また、最後の治療に向けて、耳再建のため肋軟骨の移植、植皮手術などを行ないました。



【第6回来日の治療】
最後の治療となる第6回来日は、2010年6月から約2カ月の滞在を予定しています。
今回は本人の胸の肋軟骨をつかって耳の再建手術を行ないます。



治療のためにご支援をお願いいたします!
目標金額:200万円



<寄付金受付>
郵便振替 00290-2-34169 (特活)ADRA Japan
通信欄に必ず「ベシアナ」とご明記ください。

三菱東京UFJ銀行 表参道支店
(普)1323557
「ベシアナちゃんを助ける会」



クレジットカードによる寄付(VISA/Master)はここをクリック!
*「ベシアナちゃんを助ける会」一般寄付をお選びください。
また、手続き上1,000円以上のご寄付をお願いいたします。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。